わきがを抹消しよう|いろいろな私に挑戦しよう

脇の強い臭いを抑える方法

笑う女性

原因から改善できる方法へ

わきがは汗が出やすい脇から独特な臭いを放つ症状を言い、思春期の年代から症状が目立つようになります。わきが体質の人は日本人では少ないですが、黒人や白人といった人種にはほとんどの人がこの体質に当てはまります。体質の違いは食生活も影響していますが、多くが汗腺の構造にあります。臭いの原因となる汗腺の分泌量が多いため、わきが体質以外の人と差が出てしまうのです。汗腺には種類があり、汗を出す働きをエクリン汗腺と言い、サラッとした汗となります。臭いを出してしまう働きはアポクリン汗腺と呼び、これは外に出されるタイミングで細菌と感染してしまって臭いとなります。皮脂腺は中性脂肪やコレステロールといった分泌物が含まれ、これも臭いの原因になります。わきがを改善していきたい場合は、原因を取り除かなければいけません。つまり、臭いの原因となる汗腺を除去する治療が必要で、そういった専門の治療を受けていくことで解決されます。わきがの治療は美容外科などで行われ、その種類もさまざまです。症状に合わせた方法が用意されているので、軽度や重度の人であっても問題なく対応してくれます。どの治療法がいいのか分からない場合は自分がどの程度の症状であるかを理解して、医師と相談していくのがおすすめです。

臭いが気にならない効果

わきがの治療は、基本的にメスを使う場合とそうでない場合とにわかれます。メスを使う場合では、脇の中にある汗腺自体を取り除く方法で行われます。軽度の場合は少量の汗腺で済みますが、重度の場合はほぼ全部の汗腺を取り除く必要があります。しかし、汗腺そのものがなくなるので、高い効果が期待されます。切開した後は脇のシワに沿って行われるため、目立つ跡にはなりません。メスを使わない方法には、機械を使ったレーザーや超音波で汗腺を皮膚の上から破壊していく効果があります。短時間で行われ、皮膚に対する負担もほとんどないことから、メスを使わない治療を選ぶ人も多いです。以前は軽度から中度の人に向けた治療になっていましたが、最新の機器では重度の人でも汗腺の働きを破壊できるようになりました。より高い効果が得られるようになってきたので、気軽にわきが治療が受けられるようになったのです。ワキガ体質の人は一般的な市販のデオドラントでは臭いもなかなか消せないため、苦労してしまう場合が多いです。しかし、今では専門の治療で本格的な改善が見込まれるので、これでわきがの強い臭いに悩む必要もなくなります。周りの人をいちいち気にせず、服に染みつく臭いや手間をかけていた消臭対策からも解放されるようになります。