わきがを抹消しよう|いろいろな私に挑戦しよう

わきの臭いを抑える方法

腕を上げる人

リスクを考える

わきがとは、汗が原因となって強い臭いを発する症状のことを言います。わきの下から臭いがすることが多く、その人の体質や環境などによって臭いの感じ方は異なるとされています。一般的には、ネギや鉛筆の芯のような臭いなど表現しがたい臭いも多いですが汗に雑菌が混ざったような酸っぱい臭いなど汗と分かるような臭いもあると言われています。わきがは、季節関係なく冬でも臭いがすることが多く露出が多くなり汗をかく頻度が増える夏場には症状が強くなる傾向にあります。もともとは、異性を引き付けるためのフェロモンのようなものであるため病気ではないですが日本では臭いに大して敏感な人が多く体臭ケアとしてマナーの一つに考えられるため治療を受ける人が多いです。わきがの治療にはアポクリン腺を切除したり吸引、または機械を使って破壊する方法が主になります。症状の程度によっても選ぶ治療は変わってきますが、再発のリスクと術後のリスクを考える必要があります。術後の回復期間が長いと腕を使うような仕事の場合業務に支障が出る場合がありますし、再発した場合に再度受けやすい治療にしたほうが傷跡も目立ちにくく回復も早いことがあります。あらゆるリスクや自分の生活環境に合わせて治療法を選ぶ必要があります。

食事も改善していく

わきがは、高い確率で遺伝するということがデータでわかっていますが症状を緩和させることが出来ると言われています。わきがは、強い体臭でありそれは食生活によっても影響されると考えられています。もともと農耕民族であった日本人の主食は野菜や穀物などであったため臭いの元となる成分が少なく、わきがの人は少ない傾向にあります。一方、欧米人は肉など脂肪分の多い動物性食品をよく口にするため遺伝と別に体臭が強くなりやすいとされています。現代では、様々な食文化が混ざり日本でも肉製品がよく食べられるようになり野菜を食べる機会が減っていることで体臭も強くなりやすくなっています。そこで、食生活を野菜中心に変えることでわきがも改善されやすいと言われています。このように食事の改善を行なっても、わきがの症状が収まらないのであれば、やはり、美容外科での手術が必要でしょう。技術力のある医師がいるクリニックを探して手術を受けましょう。また、医師の腕だけでなく、通いやすいかどうかもチェックしましょう。インターネット上には美容外科の比較サイトやランキングサイトも数多くあるので、参考にしながら見つけるとよいでしょう。